高卒生クラス

方針・特長

 

sotsuclass_img1

 

駿英は“学校”です。高校生活と変わりなく、スムーズに受験勉強に取り組める最適な環境を整えています!

 

授業でわからなかったところは授業後すぐに講師室へ。その日のうちに疑問点を解決。
また放課後の自習で生じた疑問はいつでも気軽に相談。この繰り返しが駿英生の学力を確実に向上させます。
さらに各クラスにはクラス担任がつきます。学生一人ひとりのアドバイザーであり、最新の入試情報説明の他、学習面・生活面にわたり、きめ細かい受験指導を行ないます。もちろん、個別面談を随時実施し、合格まで一人ひとりをサポートします。

 

 

方針

  1. 生活のリズムを一定にする
     朝6時起床、夜12時には就寝を心がける。9時からの授業や、試験に対して頭脳が一番よく働くようにし、午前9時から午後9時半まで落ち着いて勉強できる習慣を身につける。そして、欠席、遅刻をしないことがその第一歩です。
  2. 自学の時間を大切にする。
     個々の学力に応じた学習計画をたて、授業だけの受け身の学習だけでなく、主体的に取り組むことが重要です。そのために自学の時間を確保し、集中して学習できる環境を充実させます。あとはその環境で時間いっぱい学習に打ち込むのみです。
  3. サポート体制
     学習環境の提供とあわせ、生活に対する相談や教科の学習に関しての質問がいつでもできる体制を作ります。すべての面で担任がサポートします。

 

特長

  1. 地元の強み
     親元から通えるので、生活環境の変化が少なく、4月から勉強だけに集中できる環境があります。1学期は土日の休みなくハードな勉強をして勉強体力をつけていきます。そのハードな勉強に耐えられるのも家族の支えがあるからです。
  2. 個別に組める時間割
     授業はクラス授業ですが、その選択は学力に応じて個別に検討して組んでいきます。少人数指導のため個々の生徒の学力に応じた指導をします。また、授業以外に個別に質問できる時間も取れるので、わからないところはすぐに解決することができます。さらに個別に必要な場合はクラス授業以外にも映像授業が準備されています。
  3. 自学環境の整備
     原則朝9時から午後4時までは授業、4時から9時半まで自学。自学は校舎とは別に「自学館(ベース・ガリレオ)」で個人用に専用の机、本棚があり、毎日同じ場所で勉強できます。この自学館は冷暖房完備で、食事室もあり、電子レンジ、ポットが準備されており、夕食もここでとることができます。
  4. レクリエーションでリラックス
     勉強に疲れたころ、レクリエーションを行い、ストレス解消します。教師と生徒、生徒どうしの距離がぐっと縮まります。
  5. 駿英は学校
     駿英は知事に認可された各種学校です。クラスには担任がつきます。朝はホームルームから始まります。学期末の保護者面談、模試の後の生徒面談の他、必要に応じてあるいは希望があれば随時面談することができます。進路が決定するまで万全の体制でサポートします。

 

 

入学案内

伯耆駿英予備校は、医学科・難関大学入試に対応します。

 

合格実績・卒業生の声

↑ページ上部へ